[編集発行](公財)つくば科学万博記念財団 [協力] 科学技術振興機構・文科省研究交流センター

つくばサイエンスニュース

トピックスつくばサイエンスニュースもっと見るつくば発信の最新ニュース(日付は掲載日)

(2017年5月26日)
無数の超微細な穴を持つ新ロジウム触媒を開発物質・材料研究機構
(2017年5月26日)
中華麺向けの小麦の新品種「タマイズミR」を開発農業・食品産業技術研究機構
(2017年5月26日)
次世代メモリーMRAMの3次元積層プロセスを開発産業技術総合研究所/科学技術振興機構
(2017年5月25日)
東アジアの陸上生態系における二酸化炭素吸収に増大見られず海洋研究開発機構/国立環境研究所
(2017年5月25日)
カビの菌糸が伸び続ける仕組み解明筑波大学/科学技術振興機構
(2017年5月19日)
光でほどけるらせん状人工ナノ線維の開発に成功千葉大学/高エネルギー加速器研究機構
(2017年5月18日)
次世代有機EL用発光材料の発光メカニズムを解明産業技術総合研究所/九州大学

コラム

ここに注目!もっと見る最新科学の話題や研究所の紹介

「国際植物の日」筑波大学生命環境系イベント「筑波大学みどり散歩」を開催

 筑波大学生命環境系は生物学、農学、地球科学 環境学などの分野を専門とする300名弱の研究者から成る教員組織で、植物に関係する研究者も数多くいて多彩な研究が行われています。  また、平成29年度から発足した研究組織、高機…

(2017-05-15)

わかる科学もっと見る幅広いテーマでわかりやすく紹介

人の歴史と品種改良 ~大豆を例に~

 庭や空き地で、「カラスノエンドウ」という植物を見かけたことがありますか?カラスノエンドウは他の雑草にツルをからませながら生えています。紫色のキレイな花を咲かせ、やがて黒い莢(さや)に種をつけます。この莢は、ちょっとさわ…

(2017-05-15)