[編集発行] (公財)つくば科学万博記念財団 [協力] 科学技術振興機構(JST)・文科省研究交流センター

つくばサイエンスニュース

トピックスつくばサイエンスニュースもっと見るつくば発信の最新ニュース(日付は掲載日)

(2017年9月20日)
細菌から膜構造体がシャボン玉のように放出される仕組みを解明筑波大学/科学技術振興機構
(2017年9月20日)
細胞に取り込まれたカーボンナノチューブ量を測定産業技術総合研究所
(2017年9月20日)
三角格子状の反強磁性体で新奇な磁気励起を観測東京工業大学/日本原子力研究開発機構/高エネルギー加速器研究機構ほか
(2017年9月15日)
電圧をかけずに使える新しいトランジスタの実現近づく物質・材料研究機構
(2017年9月15日)
人工知能を活用した業務マニュアルの作成、更新法を開発産業技術総合研究所/新エネルギー・産業技術総合開発機構
(2017年9月14日)
黄砂で急性心筋梗塞発症の可能性熊本大学/国立環境研究所ほか
(2017年9月14日)
エアロゾルの時間的空間的な分布変動を正確に再現気象研究所/九州大学

つくばニュースサイエンスポータル各機関の最新プレスリリース

コラム

ここに注目!もっと見る最新科学の話題や研究所の紹介

「トランプ政権における科学技術政策について」

はじめに  トランプ政権が誕生して半年以上が経過しましたが、世界最大の公的研究開発費を誇る米国の科学技術政策の行方はいまだ不透明です。本コラムでは、トランプ大統領の誕生から現在に至るまで、どのような政策案が示され、何が焦…

(2017-09-15)

わかる科学もっと見る幅広いテーマでわかりやすく紹介

地震の時、人間とモグラ、どちらがこわい思いをしている?

 地震が発生すると、それぞれの地点のゆれの大きさを表わす「震度」が気象庁より発表されます。気象庁が発表する「震度」は、地表面のゆれの大きさを表した値です。  しかし、「震度」だけでは、建物や橋、地面の中(地下)がどのくら…

(2017-09-15)