[編集発行] (公財)つくば科学万博記念財団 [協力] 科学技術振興機構(JST)・文科省研究交流センター

つくばサイエンスニュース

トピックスつくばサイエンスニュース

おとなのためのサイエンス講座開講―学びの場として期待:つくば科学万博記念財団

(2017年3月8日発表)

筑波大学 石野利和 副学長による挨拶

 春の訪れを感じる3月8日、「おとなのためのサイエンス講座開講式」が、つくばエキスポセンター(公益財団法人つくば科学万博記念財団、理事長:田中敏)で行われた。この講座は、2017年3月に新設された講座で、「科学の街つくば」の環境を最大限に生かし、大人が気軽に科学技術について学び・関心を深めることが出来る場を作ることを目的として開設された。

 企画や講師陣に協力を得ている筑波大学の石野副学長は「つくばならではの講座で、参加者にはサイエンスを楽しみ、良い経験になる事を祈っております」と挨拶した。また、講座の企画委員代表を務めている筑波大学、白岩特命教授は「参加者の皆さんには、充分な満足感を持ってお帰りいただけるよう講師陣をアレンジした。3月~6月は記念すべき第Ⅰ期生、肩の力を抜いていただきたいと思います」と挨拶した。

 講座は、実験・環境・元素・地質など様々あり、テーマごとに全3~4回実施される。平日13:30~15:30で今後始まる講座については、つくばエキスポセンターのHPなどで申し込みが出来る。